上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
男性の喫煙者率、初めて3割切る 健康意識の高まりなど要因

http://cgi.itmedia.co.jp/rss/business_1.0/www/business/articles/1607/28/news139.html

---
ニューススイート bit.ly/newssuitejp


でも、女性の喫煙率が上がるのは、信じがたい。


にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ
にほんブログ村

禁煙 ブログランキングへ
スポンサーサイト
2016.07.28 Thu l 禁煙活動 l コメント (1) トラックバック (0) l top
言葉にならない日々が続いてます。

残されたご家族さんの心痛を思うといたたまれない。

先日、友人が肺がんで亡くなったと書きました。42才です。

42才ですよ。

お子さん二人ははまだ小学生。

大学生の頃からの付き合いなので20年来の友人でした。

ほんとただの学生のノリで同じ頃にお互いたばこを吸い始めました。
大学生の頃なんて、健康とか何にも問題視なんてせず、お互い「たばこやめるくらいなら死んでもいいや」とか、「たばこやめろとか言うやつうぜぇ~」とか、そんな事言い合ってました。

結婚式にも呼んでもらったし、卒業後も何かあるたびに友人達で集まって遊んでたもんです。

そんな彼から突然連絡があったのが今年の4月。私が年始に集まったときに禁煙宣言してたのを覚えてくれてて、どうやってやった~?コツを教えてくれ~みたいな連絡でした。

その話の中でさらっと、「俺、がんらしくてさ~」と。

数日後に病院で会いました。

別人の様に痩せてた。

「なんかずっとタンが喉に残ってる様な感覚」が1年くらい前からあったそうです。

血痰やら自覚症状たくさんあったのに、元々気管支が弱いからそのせいだと思って病院に行くのも後回し。

呼吸がどんどん辛くなってきたところで病院で検査。末期の肺がんと診断されたとの事でした。


なんて言うか、そんな話を聞きつつ、それでも「治療すれば治る」って彼は思ってたと思います。

死の雰囲気なんて全然無かった。


その会話が私たちの最後の会話です。

2度目にお見舞いに伺ったのが、2ヶ月後。

もう意識も朦朧としててモルヒネで痛みを抑えてるとの事でした。





辛いので、また書けるタイミングで続きを書きます。



にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ
にほんブログ村

禁煙 ブログランキングへ

2016.07.23 Sat l おかきのひとり言 l コメント (1) トラックバック (0) l top
こんばんは。おかきです。

私が禁煙を開始してから、1年2ヶ月が経過しました。

禁煙失敗し続けてた頃は絶対に無理だと思ってました。禁煙に苦労したからこそ、嫌煙の気持ちも強いです。

タバコ吸う人、みんなに禁煙成功してほしい。

禁煙しはじめてから、私の友人が肺がんだということがわかりました。彼も喫煙者でした。
末期の肺がんであることが分かって、禁煙して頑張ってましたが、あっという間に3ヶ月程闘病して亡くなってしまいました。

ほんと、タバコなんて無くなればいいのにって思います。一人でもタバコで苦しむ人が少なくなりますように。


禁煙がんばってるみんなのブログは下からどうぞ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ
にほんブログ村

禁煙 ブログランキングへ
2016.07.13 Wed l 8. 禁煙実践編 ~1年 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんは、おかきです。

初めての方は、コチラから禁煙開始時の記事をどうぞ。
実践している禁煙方法についてはコチラの記事「絶対できる禁煙方法を考える」をどうぞ。
禁煙1ヶ月を無事に迎えられた方はコチラの記事「禁煙1ヶ月を迎えたあなたへ」をどうぞ。

家族が禁煙を開始したとき、ご家族の協力というか姿勢がとっても成功率に影響が出ます。というのも、禁煙したばかりの人は、何かのせいにして、タバコを吸おうと絶対に考える時がやってきます。そのとき、たとえば、夫婦喧嘩したから、そのストレスで再度吸い始めたとか、育児のストレスでまた吸っちゃったとか、家族が禁煙の努力を認めてくれないから禁煙をやめた、とか、ほんとによく聞きます。

禁煙を始めたばかりのご家族を持つ皆さん、ほんとごめんなさい。これが喫煙者ってもんなんです。


102e7466a98e0159fe364b75e33bb2b5_s.jpg


なので、そういうもんなんだ、と理解してあげてください。禁煙は本人の気力が尽きたらそれで終了です。禁煙するという気持ちが萎えたら、試合終了です。

タバコを吸ってる人が身近にいるのは、何のメリットもありません。お金も浪費するし、受動喫煙の影響は受けるし、時間の無駄も多々発生するし、イライラの元になるし、ほんと何にもいいことはありません。なので、ほんの少しだけの期間、3ヶ月ほどでいいので、協力姿勢でお願いします。「すごい」「うれしい」って言葉をかけてあげたり、ちょっとした変化に気づいてあげてください。例えば私の場合は、「体臭が無くなったね」と言われてとてもモチベーションが上がったのを覚えています。何回も失敗するとも思います。でも、責めたり蔑んだりしないでください。次回から禁煙しようともしなくなってしまいます。

家族も応援してくれてるから、家族のためにも絶対禁煙したい!と本人が思えたなら、それで成功率は一気に高くなります。禁煙チャレンジャーの気持ちはとても繊細になってます。すぐいじけるし、すぐ怒ったりします。でも、それは苦しみながら一生懸命戦ってる証なんです。自業自得だとか、言ってあげないでください。それは本人が一番よく分かってますので。

禁煙が成功してしまえば、本人も家族も、良いことだらけです。煙の無い生活にするためにも、ご家族の皆さんも、禁煙チャレンジャーへのご協力、よろしくお願いします。


禁煙がんばってるみんなのブログは下からどうぞ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ
にほんブログ村

禁煙 ブログランキングへ


女性の匂いにとても効果的





2016.07.05 Tue l 8. 禁煙実践編 ~1年 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんは、おかきです。

初めての方は、コチラから禁煙開始時の記事をどうぞ。
実践している禁煙方法についてはコチラの記事「絶対できる禁煙方法を考える」をどうぞ。
禁煙1ヶ月を無事に迎えられた方はコチラの記事「禁煙1ヶ月を迎えたあなたへ」をどうぞ。


職場の喫煙所が今日からまた減らすという案内がありました。喫煙者の皆さんは、タバコを吸うために10分ほど歩いて喫煙所に向かっているそうです。就業時間中は喫煙禁止。昼休みと17:30以降しか吸えないという時間制限付きです。

「なんでこんな差別されなきゃならんのだ、喫煙が法律で禁止されているわけではないのに」「人よりたくさん税金払っているのにひどい扱いだ」「喫煙者に人権はないのか」といろいろ喫煙者の方々にも不満があるらしく、ぶつぶつ文句言ってる人をよく見かけます。


だったらタバコやめればいいのに。


そう思いますよね。タバコを吸わない人からすると、当然の考え方です。今の私もそう思います。でもニコチン依存症状態のタバコ常習者からすると、そういう感覚はまったくないんですよね。「タバコは吸わなくてはならないもの」、になってるんですよね。吸わなくてはならないものを禁止するなんて、なんてひどいんだ、となるわけです。必要なものを禁止されると思うから、権利を主張したり差別を感じたりするんです。

10年ほど前までは、もっと世の中喫煙者に寛容でした。タバコを吸う人への配慮もありました。なので、なおさら、昔に比べて今の状態をひどく蔑まされた状態に感じるんでしょうね。建物の中に喫煙所があったし、多少の匂いについては「仕方ないもの」と扱ってくれてました。

今は、喫煙者は隔離するべき人たちで、タバコの煙は毒ガスの様に有毒なものと扱われます。病人や子どもへの配慮は当然求められ、タバコを吸わない人への配慮ができないなら、排除される対象になるわけです。まるで社会の敵の様な扱いです。たくさん税金払ってるとの主張も、それ以上に、喫煙者が必要としていく医療費が多大にかかってしまうので、社会の中でありがたい存在にはなれません。

そもそもタバコ税、相当な金額です。ひと箱440円のタバコなら、その内280円程度が税金です。給料をもらったときに、給与明細で「こんなに税金とられて、やってらんね~」なんて言うじゃないですか?それとは比にならないくらいの高レートな税率です。でもタバコ吸う人は、それを払ってでも吸うことを選択するんです。なので、税金がどんなけ上がろうと、きっと吸う人は出てきます。経済的に吸えない人でも、本数減らしてでも吸う選択をする人が多数でしょう。

以前、タバコが値上がりしたときに、かなりたくさんの人が禁煙すると宣言して、禁煙を始めてました。私も含めて。でも、その時から、半年禁煙を継続させた人は私の周りには一人もいませんでした。当時の私も当然失敗しました。

ほんとタバコって怖いなぁと思うし、人間って弱いなぁと思います。ニコチン依存って麻薬よりも強いって言われてたりもしますよね?
そういうの全部分かってて吸うことを選択させてしまいますからね。

でも客観的にタバコ吸わない人から見ると、「あなたのその抱えてる問題は、すべてタバコやめれば解決するのに」としか見えないんです。

よくタバコは簡単にやめれる、とか、我慢しない禁煙とか、そんな誘い文句を使った禁煙グッズとかありますけど、私はそれはほぼ無理だと思います。

禁煙は、すごく大変だし、すごく苦労するし、すごく辛いし、すごく苦しいです。これは、タバコへの依存症を乗り越えるためには絶対に乗り越えねばならないことです。簡単に禁煙できるなら、きっとだれも禁煙しない。いつでもできるから。



今から禁煙をしようと考えている人へ

今から禁煙を考える人がこれを見てくれているのなら、ぜひまずはしっかり禁煙に対して知識と準備をすることをお勧めします。以前の記事で、私が喫煙する前にやった準備を書いていますので、ぜひ一度読んでもらえたらなと思います。まれに、とっても楽に禁煙できた人がいたりそんな経験を聞くことがあるかもしれません。でも、それはほんと運の良い一握りの人だけです。

タバコやめるのは、大変なことです。でも、やりとげた人もたくさんいるし、元々タバコが無くても死ぬことはないので、しっかり対策することで、ぐっと難易度を下げる事ができると思います。

私は、やっと禁煙に成功できました。そしてほんとに今は気楽に生活できています。ほんとタバコから離れることができて良かったと思っています。

禁煙に励んでいる皆さん、今、苦しい時ですか?一日毎にこれから楽になっていきます。絶対に禁煙成功させましょう!応援してます!


ポチっと押していただけると励みになります!
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ
にほんブログ村

禁煙 ブログランキングへ







2016.07.01 Fri l 禁煙活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
禁煙
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。